アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

効能を考えた選び方とは

サプリを選ぶとき、最も重視したいのがその効能。サプリの性質はだいたい3つに分けられますが、その効き方に注目すると4つに分類することができます。
1つめは「脂肪」燃焼系。運動しても、付いたしまった脂肪がすぐに消費されないのは、脂肪を燃えやすい状態にしないと、エネルギーに使えないから。それなら、その変化を手伝う成分を摂取すればいい、というのが特徴です。ただし、燃えやすい状態にしても燃焼するためには運動する必要があるので、飲んだから痩せる、というタイプではないのでご注意くださいね。
2つめが糖質をカットするタイプ。甘いものはやめられない、という方におすすめです。体の中の働きとしては、食事をするとインシュリンがエネルギー源として糖を各細胞に送り、余った糖は脂肪細胞に送り込んで大きくし、脂肪をため込みます。そこで、インシュリンに働かせないために、血糖値を急に上げないようにするものです。ただし、普段から甘いものや糖質を含む炭水化物は我慢できている、という人には、あまり効かないかもしれません。
3つめに脂質をカットするもの。食べたものを身にしない、というのが燃焼系との違いですね。含まれる成分が脂肪を吸収したり、乳化させたりして体外に排出したりするのが特徴です。
4つめが排出系は必要以上の栄養素を出してしまおうというもの。食物繊維や乳酸菌などを使用したものが多く、腸内環境を整えるものが主になっています。
さらに、効能としてはダイエットに使えそうな、厳密にはサプリと呼べないものもあげてみました。参考程度にどうぞ。
食欲抑制タイプの性能を持つ薬品で、日本で唯一承認されているサノレックス。これは重度の肥満患者のために作られていて、脳に働きかけ、満腹中枢に直接作用するもので、副作用も認められています。
逆に、気軽に始められて効果が高そうなのが置き換えタイプ。1食分をクッキーやシェイク、酵素ドリンクなどに置き換えて、栄養素はきちんと摂取しながらカロリーは減らす、という方法。ただ、食事制限の一種なので、効果を出すためにはお腹がすいてもある程度の我慢が必要です。
いかがでしたか。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ページ上に戻る